ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

あぽろ・れい

Author:あぽろ・れい
バブルの一端を経験して「新人類(ニュータイプ)」世代と呼ばれたオイラですが、関心のある事、話題になっている事をあぽろの視点で好き勝手書いていきます。更新もいっぱいしていくのでよろしくお願いします。

夢工場総訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

音楽工場

妄想ライセンス

あぽろの本棚

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

北海道の美味しい肉セット『厚切りラムジンギスカン&豚サガリセット』 モニター募集!数の子松前漬×4名、かに松前漬×4名、帆立松前漬×4名 羊肉の価値観が変わる美味しさ『熟成生ラム肉』 <石川県>本醸造 ほまれ 1800mlのモニター10名様募集! ふわふわ もっちもち マシュマロ 3つの味の食べくらべモニター!♪ 話題の進化系ミキサー!クッキンブレンダーをプレゼント!!健康スープレシピ大募集 祝!!おもちゃショー出展&新商品発売記念!貴方のお家に【シノビイエコビト】5名様 楽天市場プリン部門第1位、ハンドメイドを代表する大人気商品「神戸とろりん」♪ 毛ガニの旬到来!『北海道産浜茹でチルド毛蟹』 カニ味噌もとっても美味しいよ♪ 【神戸牛の旭屋】最高級A-5ランク神戸牛 焼肉セット【300g 3名様】に! 驚愕の大きさ!北海道の野付産のジャンボ活ホタテを食べてみませんか。最北の海鮮市場 自然食品・健康食品のベータ食品ファンサイト応援中 カットコットファンサイト応援中 ボリューム大!!愛媛県産安心・贅沢ふかうら真鯛セット【そのまんま通販】 食べ放題大箱!「訳あり本ズワイガニ切足1.5キロ箱」 nutsberry ナッツベリーファンサイト応援中 【北釧水産】足を広げると何と1メートル!太ももがすごい!超豪華「特大」タラバガニ 【ご新規さん大歓迎】お取り寄せ1番人気のワッフルを“おあじみ”! 壺屋総本店ファンサイト応援中 身の甘さが1年で一番!毛がに漁師の贅沢「夏限定朝ゆで毛がに」プレゼント マルコメファンコミュニティファンサイト応援中 モンドセレクション3年連続金賞!におい対策★エチケットサプリ『Feクロロフィル』 食材宅配&食事療法のタイヘイファンサイト応援中 株式会社天好社ファンサイト応援中 【コエドビール】白-Shiro-無濾過ならではの明るく滑らかな白濁色の小麦ビール <ドトールコーヒーファンサイトファンサイト応援中 【匠の味】食べる醤油!柚子唐辛子風味 ちゃ~がんじゅ~カフェファンサイト応援中 アンケートに答えて、珈琲焙煎士・川上敦久の珈琲【結 -ゆい-】をGETしよう♪ 夏のビールに最高!ご飯にも合う!おつまみのり【ヒィ~ハァ~のり】 通販人気ダイエットサプリ!「おやすみフコキサンチンスーパーDIET+」現品50名 揖保乃糸も播州乾麺も ~はりま製麺~ファンサイト応援中 【すこやの黒酢】 やさしくて、ちょっぴり不器用なあなたに。 【1ヶ月ダイエットモニター大募集!】ダイエット健康食品・ノーストレスダイエット プロージット 品川 薬膳 レストラン 10ZEN 甘みのある麺の『手延べそうめん』は、お取り寄せグルメ「わっか」。 水溶性食物繊維(ポリデキストロース)シロップタイプ カラダファクトリー会員50万人のお声から生まれたダイエットサプリ! 冷やし中華 【炭火自家焙煎・MC珈琲】結 -ゆい- 株式会社ヤマサン マルコメ株式会社 壺屋オンラインショップ 酒仙龍 あらゆる臭い(ニオイ)対策に消臭サプリ「Feクロロフィル」 【アクリフーズ】塩だれ豚とろカルビめし 【アクリフーズ】Happyアレンジレシピ 最高級神戸牛「A-5ランク神戸牛」販売専門店 旭屋 カネキタ北釧水産株式会社 大木製薬株式会社 じゃが豚 美味いもの市オリジナルセット 北海道厚岸産 殻付き生牡蠣 神戸洋食倶楽部 井村屋株式会社 亀城庵 冷やしカレーざるうどんセット 神戸牛の通販「辰屋」 【カットコット】「乳卵糖(にゅうらんとう)」という名の極上プリン 海老塩つけ麺

バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)

マウスで移動・つぶやき拡大します

【WRC】 トヨタ:第5戦 ラリー・アルゼンティーナ プレビュー

2017-04-21

20170421-wrc.jpg
TOYOTA GAZOO Racingは、4月27日(木)から30日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンティーナに、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(#10号車)と、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)の、2台のヤリスWRCで参戦する。今シーズン2回目となるグラベル(未舗装路)ラリーに、3月上旬の第3戦ラリー・メキシコでの経験を生かし、チーム一丸となって挑む。
初秋の南半球、アルゼンチンで開催されるラリー・アルゼンティーナは、グラベルラリーの魅力と難しさが凝縮した1戦と言われる。ラリーのSS(スペシャルステージ)は、アルゼンチン中部の都市コルドバの南西から西北にかけての広いエリアに設定され、様々なタイプの未舗装路を走行する。南西部の谷間の未舗装路は砂のような柔らかい道が多く、西部の山岳路は道幅が狭く荒々しい岩に囲まれた道が続くなど、走行するエリアによって道のキャラクターが大きく変わるのがこのラリーの特徴だ。また、SSの途中には川渡りやジャンピングスポットも多く現れ、選手だけではなく、ファンにとっても非常に魅力的なラリーである。
ラリーカーの整備作業を行なうサービスパークは、コルドバから約50km離れたレイクサイドリゾート、ビジャ・カルロス・パスに置かれる。ラリーは4月27日(木)の夜7時過ぎにコルドバ市街地のスーパーSSで競技スタート。28日(金)はコルドバの南西部サンタ・ロサ・デ・カラムチータ周辺で3本のステージを各2回走行し、昼と夜にはビジャ・カルロス・パス近郊のパルケ・テマティコでスーパーSSが行われる。29日(土)は、コルドバの北西部プニリャの谷の周辺で3本のステージを各2回走行する。そして競技最終日となる30日(日)は、コルドバの西部で2本のSSを走行。最終SSとなるSS18「エル・コンドル」はラリー・アルゼンティーナを代表する名物ステージであり、SSでトップ5タイムを記録した選手に対してボーナスの選手権ポイントが与えられるパワーステージにも指定されている。ラリーは4日間で18本のSSを走行し、その合計距離は357.59km。リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は、1417.98kmに達する。
ラトバラは、2014年のWRCラリー・アルゼンティーナで総合優勝をしている。また、ハンニネンはIRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)の1戦として開催された、2010年の大会で優勝を果たしている。両ドライバーにとってアルゼンチンは、相性の良いラリーといえる。
チームはラリー・アルゼンティーナを想定したグラベルテストを、欧州の中ではアルゼンチンの道に近い路面コンディションの道があり、6月にはWRC第7戦が開催される、イタリアのサルディニア島で実施。様々なテストメニューをこなし、ヤリスWRCのグラベルコースでのパフォーマンスをさらに高めることに成功した。

トミ・マキネン(チーム代表)
冷涼な気候で行われるグラベルラリーのアルゼンチンは、以前に私がドライバーだった時、いつも素晴らしいラリーだと思っていました。今回のラリーも、いろいろな気象条件下での戦いとなるでしょう。ラリー・メキシコで我々は多くを学びましたが、特に高い標高でのグラベル走行を経験した事は、同様の条件であるアルゼンチンを戦う上で役に立つはずです。ここまで1戦ごとにクルマを良くしてきたので、アルゼンチンではさらに改良を進める事を目標に置いています。ラリー・メキシコを戦った時よりも自分たちは力をつけていると思うので、アルゼンチンでは良い結果を狙いたいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)
私にとってアルゼンチンは、常に良い気分で戦う事ができるラリーです。以前に優勝した経験があり、去年も土曜日の午後にトラブルでコースアウトするまでは、ラリーをリードしていました。金曜日と土曜日のコースは流れるような高速のコーナーが多く、最終日の日曜日は低速でテクニカルなコーナーが連続し、さらに霧など悪天候に見舞われる可能性も高いトリッキーなコースです。全体的には砂状の柔らかい道が多いのですが、概ねタイヤのグリップレベルは良好です。事前テストはとても有効で、いくつかの異なるセットアップを試せました。特に、メキシコではベストとはいえないフィーリングだったデファレンシャルに関しては、アルゼンチンに向けて入念にセッティング作業を行ない改善に努めました。

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)
アルゼンチンは私が大好きなグラベルラリーのひとつで、楽しい思い出がたくさんあるラリーですので、久しぶりの出場がとても楽しみです。アルゼンチンのコースはとにかく素晴らしいのですが、SSだけでなくリエゾン(移動区間)でも情熱的に応援してくれる、ファンの皆さんもまた素敵ですね。アルゼンチンでもっとも読めないのは天候で、最近現地の天気予報をチェックしているのですが、晴天、降雨と、天気は常に変わっているようです。例えばレッキ(コースの事前下見走行)の後に路面コンディションが変わると、大変難しいラリーになります。とはいえ、クルマを状況に応じて微調整すればよいと思っています。例えば、路面が泥状になったらクルマを少し柔らかめのセッティングに変えるぐらいですね。何が起ころうと自然に、気負わないでドライブする事が大切です。チームは現在とても良い状態にあるので、私も一緒になって前に進みたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

車・モータースポーツ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://apollodreamfactory.blog87.fc2.com/tb.php/12423-a2519bb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

総合広報板