ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

あぽろ・れい

Author:あぽろ・れい
バブルの一端を経験して「新人類(ニュータイプ)」世代と呼ばれたオイラですが、関心のある事、話題になっている事をあぽろの視点で好き勝手書いていきます。更新もいっぱいしていくのでよろしくお願いします。

夢工場総訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

音楽工場

妄想ライセンス

あぽろの本棚

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
70位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

北海道の美味しい肉セット『厚切りラムジンギスカン&豚サガリセット』 モニター募集!数の子松前漬×4名、かに松前漬×4名、帆立松前漬×4名 羊肉の価値観が変わる美味しさ『熟成生ラム肉』 <石川県>本醸造 ほまれ 1800mlのモニター10名様募集! ふわふわ もっちもち マシュマロ 3つの味の食べくらべモニター!♪ 話題の進化系ミキサー!クッキンブレンダーをプレゼント!!健康スープレシピ大募集 祝!!おもちゃショー出展&新商品発売記念!貴方のお家に【シノビイエコビト】5名様 楽天市場プリン部門第1位、ハンドメイドを代表する大人気商品「神戸とろりん」♪ 毛ガニの旬到来!『北海道産浜茹でチルド毛蟹』 カニ味噌もとっても美味しいよ♪ 【神戸牛の旭屋】最高級A-5ランク神戸牛 焼肉セット【300g 3名様】に! 驚愕の大きさ!北海道の野付産のジャンボ活ホタテを食べてみませんか。最北の海鮮市場 自然食品・健康食品のベータ食品ファンサイト応援中 カットコットファンサイト応援中 ボリューム大!!愛媛県産安心・贅沢ふかうら真鯛セット【そのまんま通販】 食べ放題大箱!「訳あり本ズワイガニ切足1.5キロ箱」 nutsberry ナッツベリーファンサイト応援中 【北釧水産】足を広げると何と1メートル!太ももがすごい!超豪華「特大」タラバガニ 【ご新規さん大歓迎】お取り寄せ1番人気のワッフルを“おあじみ”! 壺屋総本店ファンサイト応援中 身の甘さが1年で一番!毛がに漁師の贅沢「夏限定朝ゆで毛がに」プレゼント マルコメファンコミュニティファンサイト応援中 モンドセレクション3年連続金賞!におい対策★エチケットサプリ『Feクロロフィル』 食材宅配&食事療法のタイヘイファンサイト応援中 株式会社天好社ファンサイト応援中 【コエドビール】白-Shiro-無濾過ならではの明るく滑らかな白濁色の小麦ビール <ドトールコーヒーファンサイトファンサイト応援中 【匠の味】食べる醤油!柚子唐辛子風味 ちゃ~がんじゅ~カフェファンサイト応援中 アンケートに答えて、珈琲焙煎士・川上敦久の珈琲【結 -ゆい-】をGETしよう♪ 夏のビールに最高!ご飯にも合う!おつまみのり【ヒィ~ハァ~のり】 通販人気ダイエットサプリ!「おやすみフコキサンチンスーパーDIET+」現品50名 揖保乃糸も播州乾麺も ~はりま製麺~ファンサイト応援中 【すこやの黒酢】 やさしくて、ちょっぴり不器用なあなたに。 【1ヶ月ダイエットモニター大募集!】ダイエット健康食品・ノーストレスダイエット プロージット 品川 薬膳 レストラン 10ZEN 甘みのある麺の『手延べそうめん』は、お取り寄せグルメ「わっか」。 水溶性食物繊維(ポリデキストロース)シロップタイプ カラダファクトリー会員50万人のお声から生まれたダイエットサプリ! 冷やし中華 【炭火自家焙煎・MC珈琲】結 -ゆい- 株式会社ヤマサン マルコメ株式会社 壺屋オンラインショップ 酒仙龍 あらゆる臭い(ニオイ)対策に消臭サプリ「Feクロロフィル」 【アクリフーズ】塩だれ豚とろカルビめし 【アクリフーズ】Happyアレンジレシピ 最高級神戸牛「A-5ランク神戸牛」販売専門店 旭屋 カネキタ北釧水産株式会社 大木製薬株式会社 じゃが豚 美味いもの市オリジナルセット 北海道厚岸産 殻付き生牡蠣 神戸洋食倶楽部 井村屋株式会社 亀城庵 冷やしカレーざるうどんセット 神戸牛の通販「辰屋」 【カットコット】「乳卵糖(にゅうらんとう)」という名の極上プリン 海老塩つけ麺

バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)

マウスで移動・つぶやき拡大します

F1エンジン ワースト10

2017-03-20

20170320-f1.jpg
F1バルセロナテストにおけるホンダの新型F1エンジンの信頼性とパフォーマンス不足が話題をさらっているが、過去には失敗作と言える多くのF1エンジンが存在した。
ホンダの2017年F1エンジン『Honda RA617H』が今シーズン終了までにどのような結果をもたらすかは未知数だが、少なくとも2015年型『RA615H』は27ポイント、2016年型『RA616H』は76ポイントを獲得している。
そこで、これまでのF1史上での失敗作と言えるワースト10エンジンをまとめた。

20170320-10_brm.jpg
10位:BRM P75 … 3リッター H16 (4戦、9ポイント、1勝)
1966年から導入された新レギュレーションに合わせ、ブリティッシュ・レーシング・モータースは水平8気筒を2段重ねしたF1史上でも類をみないレイアウトのエンジンを開発。馬力はあったが、壊れやすく、明らかな失敗作だった。同エンジンを搭載したロータスのジム・クラークがワトキンズグレンで開催されたF1アメリカGPで奇跡の一勝を挙げている。
20170320-9_hart.jpg
9位:ハート 415T … 1.5リッター 4気筒 ターボ (63戦、28ポイント、3表彰台)
1980年代初頭は、ターボチャージャー技術は、ルノー、フェラーリ、BMWといった自動車メーカーが主導権を持って開発しており、プライベーターで開発を行ったのはブライアン・ハートのみだった。1981年、ハート415はF2エンジン用の2リッターエンジンを1.5リッターにスケールダウンしてターボチャージャを搭載。しかし、アルミブロックを採用した415Tはターボラグが多発。パワー不足と脆弱なエンジンだった。だが、その後改善し、1984年のF1モナコGPではアイルトン・セナが歴史的な勝利を挙げている。
20170320-8-alfa.jpg
8位:アルファロメオ 415T … 1.5リッター 4気筒 ターボ (0戦、0ポイント、0表彰台)
アルファロメオは1987年にリジェのエンジンサプライヤーとしてF1復帰を望んでいた。しかし、プレシーズンテストでルネ・アルヌーが「最低のエンジン」だと酷評。フィアットは契約を解除し、リジェはメガトロン直4ターボエンジンを確保した。
20170320-7_judd.jpg
7位:ジャッド GV … 3.5リッター V10 (20戦、5ポイント、1表彰台)
1991年、ジャッド初のV10エンジン「ジャッドGV」を開発し、スクーデリア・イタリアにカスタマー供給した。J.J.レートがイモラで3位表彰台を獲得。エマニュエル・ピロがモナコで6位入賞を果たした。
20170320-6_ilmor.jpg
6位:イルモア LH10 … 3.5リッター V10 (32戦、12ポイント、0表彰台)
最近までルノーのアドバイザーだったマリオ・イリエン率いるイルモア。メルセデスとの提携では成功を収めたが、それ以前は独自路線を進んでいた。1991年と1992年にレイトンハウス(マーチ)とティレルがポイントを獲得するまで長い道のりだった。エンジンの完成度は低く、レイトンハウスの撤退もあり、開発が進まなかった。
20170320-5_zakspeed.jpg
5位:ザクスピード 1500/4 … 1.5リッター ターボ (51戦、2ポイント、0表彰台)
1985年、ザクスピードはF1に参戦。シャシーとエンジンを内製した。自社製エンジンの1500/4は直列4気筒のターボエンジンは他のメーカーに比べてパワー不足だった。1989年にレギュレーションでターボエンジンが禁止されたため、ザクスピードはヤマハ製エンジンを搭載したが、翌年にF1から撤退した。
20170320-4_yamaha.jpg
4位:ヤマハ OX88 … 3.7リッター V8 (2戦、0ポイント)/ OX99 … 3.5リッター V12 (32戦、4ポイント)
1989年にヤマハはV8エンジンのOX88をザクスピードへ供給し、鈴木亜久里とともにF1に参入。当初の予定では。コスワースDFRのシリンダーブロックを使用した5バルブエンジンを開発・供給する予定だったが、コスワースとの折り合いがつかず急遽エンジンを製造することになった。エンジンは信頼性に欠け予備予選通過もままならず、一時撤退を余儀なくされた。1991年にOX99をブラバムへ供給して復活を果たし、後半戦に2度の入賞を記録。1992年にはジョーダンにOX99を供給するも最終戦でようやく1ポイントを獲得できただけだった。
20170320-3_porsche.jpg
3位:ポルジェ 3512 … 3.5リッター V12 (4戦、0ポイント、0表彰台)
V6エンジンを2基繋いだようなエンジンは、重量も2倍だったと言われ、戦闘力もなかった。1991年にフットワークに搭載されたが、4戦で1度も完走することなくポルシェはF1から撤退した。
20170320-2_subar.jpg
2位:スバル 1235 … 3.5リッター 水平対向12気筒 (0戦、0ポイント、0表彰台)
モトーリ・モデルニの依頼でスバルは水平対向12気筒エンジンを開発。1989年にミナルディのマシンでテストされたが、ミナルディは難色を示したため、供給先をコローニへと変更。1990年にベルトラン・ガショーの1台体制で参戦したが、開幕から8戦続けて予備予選落ち。スバルはF1から撤退した。
20170320-1_life.jpg
1位:ライフ F35 … 3.5リッター W12(0戦、0ポイント、0表彰台)
フランコ・ロッキが設計したW12エンジン。1990年にライフ L190(ファースト L189)に搭載されたが、幅広のW12エンジンを搭載するために後部は大きく膨らんでいた。ゲイリー・ブラバムの1台体制でシーズンに臨んだライフは、開幕戦から予備予選落ち。2戦後にはブラバムがチームに見切りを付けて離脱。第3戦からは6年ぶりにF1復帰したブルーノ・ジャコメリがドライバーとなるが、予備予選落ちは続いた。第13戦からはジェットのエンジンが搭載されるが、予備予選通過はならず、第14戦終了後にライフはF1から撤退した。
関連記事
スポンサーサイト

車・モータースポーツ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://apollodreamfactory.blog87.fc2.com/tb.php/11819-9be2a9c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

総合広報板